BikEnjoy

S1000RRとGROMで「ツーリング」や「カスタム」を楽しむ趣味のブログです。

【ヒーターグリップ保護】S1000RR のグリップにシュリンクフィルムを取り付け!これで長持ちします!

f:id:hiroro-bnr32:20200116125253j:plain

スポンサーリンク

 

 

今回は、S1000RR (2015)のヒーター付きグリップを保護するため、シュリンクフィルムを装着したのでその報告になります。

 

そもそも、グリップが摩耗したら、「グリップだけ交換したらいいじゃん」と思ってましたが、ヒーターが付いたBMWのグリップは、摩耗したら部品まるごと交換する必要があるらしい・汗

 

なんでも交換費用は、工賃込みで約5諭吉(片側のお値段ですよ・滝汗)。

それは保護せねば!

 

ということで、いそいそと取り付け作業を行いました。

 

今回の作業で使用するもの

f:id:hiroro-bnr32:20200116124953j:plain

 ERGO WORKSのグリップシュリンクチューブ

 

 

 

 f:id:hiroro-bnr32:20200116124922j:plain

  ヒートガンも買いました(^_^*)

 

 

スポンサーリンク

 

 それでは、作業開始します。

f:id:hiroro-bnr32:20200116125110j:plain

f:id:hiroro-bnr32:20200116124904j:plain

まずは、グリップを水拭きしてきれいにします。

グリップを観察すると、ちょっと摩耗しているみたいです。

 

f:id:hiroro-bnr32:20200116125013j:plain

 左側も同じく綺麗にしました。

 

f:id:hiroro-bnr32:20200116125133j:plain

シュリンクフィルムを被せます。

BMW専用品なので長さはぴったりになっています。 

 

f:id:hiroro-bnr32:20200116125153j:plain

ヒートガンを使って温めていきます。

 

f:id:hiroro-bnr32:20200116125216j:plain

あっという間に縮んでいきました。

全体的に熱を加えたところ、ぴったり密着しました。

 

f:id:hiroro-bnr32:20200116125241j:plain

左側も同様に行いました。

これで作業終了です。

 

最後に

 

今回は、S1000RR のグリップ保護のために、シュリンクフィルムを装着してみました。

 

BMW車のヒーター付きのグリップは摩耗するとAssy交換になってしまうので、できるだけ保護して長持ちさせたいですね。

 

作業も簡単なのでまだの方はやってみてはいかがでしょうか。

 

それでは。

 

スポンサーリンク