BikEnjoy

S1000RRとGROMで「ツーリング」や「カスタム」を楽しむ趣味のブログです。

バイク用バッテリー充電器「オプティメイト4デュアル」を購入したので紹介します。(オプティメート4デュアル)

P1105955.jpg

冬場のバッテリーあがり対策ってどうしてますか?

 

 

寒い季節は、数週間乗らなかったりするとバッテリーが弱ってエンジンの始動性が悪くなったり、最悪バッテリーが上がったりしますよね。

 

私も冬場はバッテリーあがり防止のため、根性で乗ってました(汗)

 

しかし、今年の冬はなかなか乗る機会がなく、3週間くらい放置していたら、エンジンがかからなくなってしまいました(TдT)

 

翌週、再度エンジンをかけてみたら奇跡的にかかったんですが、その時のセルの音は弱々しくバッテリーがあがる寸前のようでした。

 

バッテリーは一度上がってしまうとその能力はガクッと下がるって聞きますよね。

 

それで何とかならんもんかな~とツイッターでつぶやいたら「オプティメイト4デュアル」という充電器がいいよ!ってことだったので、早速購入してみました。

オプティメイト4デュアル開封

P1105957.jpg

この充電器の大きな特徴は、BMWのCAN-busシステムにも対応してるってとこ(その他のメーカーのバイクにも使用可能です)。

 

そのためBMW乗りの方にはオススメです。

 

オプティメイト4デュアルをバイクに接続すると、バッテリーのコンディションを診断して最適な条件で充電してくれます(・∀・)

P1105959.jpg

箱を開けると、真中に本体があって、左右にケーブルが2本付属されてます。

 

P1105960.jpg

本体です(・∀・)

 

P1105961.jpg

付属のワニ口クリップです。

 

主にバッテリーを車両から外した時に使えますね~(今回これは使わず)

 

P1105962.jpg

今回、このケーブルを使いました。

 

車両にバッテリーをのせたまま充電できるようにします( ^ω^ )

オプティメイト4デュアルを車両への取り付け手順

 

P1105963.jpg

S1000RRの場合、バッテリーはシート下にあるので最初にシートを外します。

 

P1105967.jpg

バッテリーにさっきのケーブルを接続します。

 

P1105968.jpg

接続完了~☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

 

P1105969.jpg

充電と度にシートを外すのは面倒なので、リアのシートカウルを外すだけで接続できるようにしました。

 

P1105977.jpg

充電器が勝手にバッテリーの状態を診断して充電を開始してくれます(゚∀゚)アヒャ 

 

P1105979.jpg

これで冬場のバッテリー上がりを気にしなくてよくなりそうです。

あわせて読みたい