BikEnjoy

S1000RRとグロム でツーリングやカスタムを楽しむ趣味のブログです。

【カスタム】S1000RRにベビーフェイスのフレームスライダーを取り付けました。

今回はS1000RRに「ベビーフェイスのフレームスライダー」を取り付けたのでその内容について書いていきますね。 

 

 

ビーフェイス「フレームスライダー」のご紹介

image46.jpg

注文から2日で届きました。

 

image48.jpg

取り付け説明書とステッカー2枚が同封されていました( ・∀・)

 

スポンサーリンク

 

「フレームスライダー」を取り付けていきます 

P1012563.jpg

S1000RRは、トルクスネジが使われているので、それを取り外してフレームスライダーのベース部分を取り付けます。

 

P1012568.jpg

ベース部分を締め込んだら、スライダーの本体もネジになっているので、そのまま取り付けます。

 

最後に、スライダー本体の緩み防止ネジ(これは六角ネジ)を締めて終了です。

 

左側も同じように取り付けます。

 

P1012566.jpg

左側の方が、フレームが引っ込んでいるので、スライダーのベース部分の長さも右側と比べて長く作られています。

 

スポンサーリンク

 

取り付け完了しました

P1012567.jpg

スライダーがカウルより外側に出っ張っているので、立ちゴケしてもカウルが地面に接触しないようになっています。

 

これでだいぶ安心感増しました!

 

ビーフェイス:フレームスライダー

 

ビーフェイス:レーシングフック