BikEnjoy

S1000RRとグロムでツーリングやカスタムを楽しむ趣味のブログです。

【簡単】グロムに「ラムマウント」スマホホルダーを取り付け!モンキー125も同じです!取り付け方法を解説!【バイク用スマートホンホルダー】(Xグリップ)

f:id:hiroro-bnr32:20210117183728j:plain

 

今回は、グロム(JC75)にスマホホルダーの「ラムマウント」を取り付けたので、その内容と取り付け方法について書いていきますね〜(*>ш<*)

 

取り付け方法は、JC61、JC75とも共通なので、これからスマホホルダー付けようかな〜って思ってる方の参考になれば幸いです。

 

 

グロムにラムマウントを取り付け!取り付け方法を解説します!【バイク用スマホホルダー】(Xグリップ)

ラムマウントとは?

f:id:hiroro-bnr32:20210117181821j:plain

 

ラムマウントってどんなスマホホルダーなんでしょう? 

 

ラムマウントはアメリカのラムマウント社が販売するスマートホンやタブレット、カメラなどを固定するマウントシステムの総称です。

 

A)マウント部、B)アーム部、C)ベース部の3つのパーツから構成されます。

 

マウント部の「Xグリップ」を広げてスプリングの力でスマホを固定する仕組みになっています。

 

なんと米軍も使用しているほど、固定の信頼性は世界トップレベルのマウントシステムです!

 

グロムにラムマウントを取り付けるために必要な3つの部品はコレ!(JC61、JC75共通)

f:id:hiroro-bnr32:20210117183012j:plain

今回購入した3点。

左から、マウント部→ベース部→アーム部です。

 

グロムにラムマウントを取り付けるために必要な部品になります。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183024j:plain

マウント部

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183017j:plain

ベース部

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183021j:plain

アーム部

 

ラムマウントをグロムに取り付けていきます。

f:id:hiroro-bnr32:20210117183027j:plain

それでは取り付けの模様を順に書いていきますね。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183031j:plain

最初に、精密ドライバーなどを使って、右下のハンドル押さえネジのキャップを外します。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183036j:plain

簡単に外れました。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183039j:plain

キャップを外すとこんな感じです。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183044j:plain

続いて、六角のネジを外します。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183048j:plain

一番右のネジが、先ほど外した純正のハンドル押さえネジです。

 

ラムマウントのベース部には3本のネジが付属してきます(黒色のネジx3)。

 

グロムの場合は一番左のネジ(一番短いやつ)を使用します。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183052j:plain

ベース部の上部にネジを通します。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183057j:plain

そのまま、さっき外したネジ穴にベース部を取り付けます。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183101j:plain

こんな感じで、ベース部取り付け完了!

 

ここまできたら終わったようなものです!

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183105j:plain

ベース部にアーム部を取り付けます(ネジで簡単に付けられます)。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183117j:plain

アーム部にマウント部を取り付けたら完成です。

 

ハンドルの真ん中にスマホがくるので視認性も抜群!

見た目もかっこよくて最高です!(*^ヮ^*)

 

ラムマウントに「iphone 6プラス」を取り付けてみました。

f:id:hiroro-bnr32:20210117183121j:plain

iphone 6プラスを固定してみました。

 

iphone 6プラスは普通のスマホよりちょっとだけ大きい(15.5cmx7.5cm)ので、マウント部はスマホサイズよりワンサイズ大きい「ファブレット用」を選んでみました。

 

スマホを固定するときの注意点>

ラムマウントのスマホを押さえる部分が、スマホの電源スイッチなどに当たらないよう注意してください。スマホの電源が消えてしまいます。当たる場合は位置をずらすなどして調整してください。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183129j:plain

簡単に横向きにもできるので超便利です!

 

普通サイズのスマホを取り付けてみました。

f:id:hiroro-bnr32:20210117183113j:plain

一般的なサイズのスマホを固定するとこんな感じになります(15.0cmx7.0cm)。

 

「ファブレット用」のマウントでも問題なく取り付けできました。

 

f:id:hiroro-bnr32:20210117183109j:plain

横にするとこんな感じです。

 

まとめ

今回は、グロムに「スマホ用」よりワンサイズ大きい「ファブレット用」のマウント部(Xグリップ)を取り付けました。

 

iphone 6プラスくらいの大きさのあるスマホのマウント部は「ファブレット用」を使用。

 

一般的なサイズのスマホのマウント部は「ファブレット用」「スマホ用」のどちらでもokで、スマホの横にある電源スイッチの位置などを考慮して決めると良いと思います。

 

ラムマウントの説明書によると

  • 5インチ未満は「スマートホン用」(下の2番目のマウント)
  • 5〜7インチのものは「ファブレット用」(下の1番目のマウント)

となっています。

アーム部とベース部はどちらも共通です。

 

【ファブレット用マウント】 

 

スマホ用マウント】